学園紹介

理事長挨拶

学校法人ヴェリタス学園の「ヴェリタス VERITAS」とはラテン語で「真理」を意味します。ハーバード大学(米国マサチューセッツ州ボストン)の校章に刻まれていることでも有名な言葉です。私はハーバード大学と合弁会社を立ち上げた経験があり、その校風にとても感銘を受けております。『真理』とは、本当のこと、まことの道理であり、どんなに月日が経過しても、誰にとっても、いかなる場所や状況においても、揺らぐことのない普遍的なものです。

当学園におきましては、この『真理』の追究を根幹に据え、これまで学校法人最福学園として設立より40年を超えて取り組んでまいりました「知力・体力・徳力を養う幼児教育」、「国際性豊かな人材育成」といった教育理念を発展的に継承しつつ、国内外の学校との連携も視野に入れて、より国際色豊かな学園を目指してまいります。
以下に学園の基本教育方針と理念を示します。

ヴェリタス学園の理念となるノブレス・オブリージュ

フランス語のノブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は、直訳すると「高貴さには義務が伴う」ことを意味し、日本語では「位高ければ徳高きを要す」と翻訳されています。この言葉が意味することは、「りっぱに育ててもらうことで、社会に役立つ仕事ができるようになり、豊かな生活ができるようになることで、その恩恵にたいして社会に貢献することにより、自分が受けた恩恵を社会に還元できる人材を育成していくこと」であり、ヴェリタス学園の目指す理念となります。

引き続きご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

2014年4月吉日
学校法人 ヴェリタス学園
理事長 永田 良一

理事長 経歴

  • 昭和33年8月11日生、鹿児島市出身
  • 医師、医学博士(鹿児島大学)、密教学修士(高野山大学)
  • 株式会社新日本科学 代表取締役会長兼社長、
 一般社団法人メディポリス医学研究所 理事長
  • 鹿児島大学経営協議会外部有識者委員兼学長選考委員(2016年3月迄)、聖マリアンナ医科大学評議員、高野山大学評議員、鹿児島護国神社理事、日本予防医学会常任理事、難治病研究財団理事などを歴任。
  • 米国メリーランド州立大学、北海道大学、聖マリアンナ医科大学、東京医科大学、高知大学、高野山大学、中国煙台大学などの客員/臨床教授を歴任。
Faculty of Pharmaceutical Medicine of the Royal Colleges of Physicians of the United Kingdom (Fellow)
  • American College of Toxicology (Full Member) 
American Society of Toxicology (Full Member) 
American College of Clinical Pharmacology (Full Member) 
 日本臨床薬理学会指導医
  • 中華人民共和国広東省高要市 名誉市民
  • 駐日ブータン王国名誉領事 (九州・沖縄地域)

受賞歴

  • 全国労働基準関係団体連合会 『ゆとり創造賞』
  • 国土庁主催 日本経済新聞社 『地域活性化貢献企業賞』
  • 鹿児島商工会議所 『産業経済賞大賞』
  • 南日本新聞社 『第54回南日本文化賞 産業部門』

著書

  • 『大切にしたい働くこころ―その尊きちから』(同文舘出版)
  • 『“幸福の国”ブータンに学ぶ 幸せを育む生き方』(同文舘出版)
  • 『新・資本主義宣言、7つの未来設計図』(毎日新聞社、共著)
  • 『 心を洗う 断捨離と空海 』( かざひの文庫 、共著)

Ryoichi Nagata - President -

“What is Veritas Institute of Education about?”
  • We want to create a feeling of loving thyself, love for your family, love for your friends, love of all people of the world and to make a pure heart.
  • To create love for your home country and understanding of its culture, enabling you to share your knowledge with the many peoples of the world.
  • To create an educational institute that promotes self confidence, eager learning and world awareness.
  • To create generosity and the ability to express yourself and accept other peoples thoughts and ideas.
  • To create a feeling of being a productive and contributing member of society.